株式会社JMC
3Dデータ
次の生物
前の生物
No.01 アカハライモリ
有尾目イモリ科イモリ属
英名:Japanese fire belly newt
 
生息地
本州、四国、九州とその周囲の島嶼
3Dデータを見る
3DデータはWeb用に
ポリゴン数を削減しています。
アカハライモリ骨 アカハライモリ外観

アカハライモリは有尾目イモリ科に属する両生類です。日本の固有種であり、ニホンイモリという別名もあります。イモリは再生能力が特に高いことでも知られており、あごがちぎれても、心臓や脳、目の一部が切り取られても再生することができます。多くの両生類は高い再生能力があると言われていますが、イモリだけは成体になった後も何度も再生する能力を持っています。 また、皮膚に毒を備えているので、触った後はよく洗うことが必要です。

CT画像の尾に注目して見ると、節が細かくあることがわかります。色が薄い箇所は密度が低い場所で、椎骨の尾部分は、突起が大きく太くなっています。
小さな体でありながら、骨格だけ見るとまるで恐竜のようです。